サイバーセキュリティシンポジウム道後2020(SEC道後2020)

SEC道後2020ナイトセッション ランプセッション発表募集

【概要】

   SEC道後2020開催初日の2月28日(金)夜に開催されます、ナイトセッション は4つの並列セッション(話題)から構成される予定です。その中の一つのセッ ションとして、今回はランプセッション(Rump Session)を開催する予定です。

   ランプセッションとは、学術系の国際会議等で、最新の成果や研究途上の未完成の 内容、あるいは研究に関係した告知などを行うセッション(会合、討議)です。 SEC道後の場合では、上記を含めて、サイバーセキュリティに関する自身の課題や 問題提起、さらには冗談(Joke)など技術的な内容以外でも、参加者が興味を持ち そうな内容の発表です。

【発表募集内容】

   上記のランプセッションでの発表応募者を募集します。

   発表に関しては、5?6分の持ち時間でのパソコンによるプロジェクタ投影のプレ ゼンテーションとなります。資料の配布はできません。プレゼンの後は3、4分の 質疑の時間を設けます。原則、ご自身のパソコンからのプロジェクタでの投影を利 用してのプレゼントなります。なお、発表内容に上記のランプセッションの説明に 準じますが、特に制限を設けません。しかし、特定の製品や会社、事業の説明、特 に広告、宣伝に直接関わる発表は強くお断りいたします。また政治、思想に関する 論評、および特定の個人、組織に関する批判、誹謗中傷はお断りいたします。その ような発表とコーディネータ(森井)が判断した場合は、即刻ご退場頂き、発表に 具する特典等はご辞退いただきます。

【応募資格】

   発表応募者はSEC道後2020のナイトセッション参加者であることが条件となります。 SEC道後2020への参加交通宿泊費は自費となりますのでご注意ください。

【募集件数】

   ナイトセッション全体の時間の関係上、10件程度の発表枠となります。原則、申し 込み順ですが、10件を超えた場合、コーディネータの独断で発表者を決めさせてい ただきますので、ご容赦願い申し上げます。

【応募要領】

   発表に応募する方は、題目(仮題で結構です)とその簡単な要旨(100字以内)を とともに、メールにて、本文中に、氏名(事前にプログラムを公表しますので、実名が 都合悪い場合は、ハンドルネーム、ペンネーム)、(公表可能であれば)所属、 連絡先メールアドレスを記入し、subject(題目)に「SEC道後2020ランプ セッション応募」と書いて、コーディネータの森井昌克@神戸大学大学院工学研究科 mmorii@kobe-u.ac.jp 宛にお送りください。発表者の決定は2月25日以降、 SEC道後2020ウェッブページにて発表します。

【応募締切】

  

申込締切

2020年2月20日(木)
多数の応募、ありがとうございました。応募を締め切らせていただきます。

【応募(発表)特典】

   発表者には、豪華な賞品(松山特産品含む)が贈呈されます。

【ランプセッションのプログラム】

(0)はじめに…

     神戸大学 森井昌克

(1)神奈川県庁HDD流出におけるデータ漏えい事故の考察

     ADECデータ適正消去実行証明協議会/ワンビ株式会社 加藤貴

(2)私はこれで社長を首になりました

     シロー

(3)IT全般統制とログ管理

     ISACA大阪支部/株式会社メトリックス 松井亮宏

(4)中小企業のサイバーセキュリティ調査実験より見えてきたこと

     大阪商工会議所 石田貴志

(5)Security Actionの今後を占う中小企業のアクション

     情報処理安全確保支援士会 大久保茂人

(6)マルウェアの命名に関する考察

     キヤノンマーケティングジャパン 池上雅人

(7)Blockchainを使ったIoTシステムに関わること

     イークラウド・コンピューティング 古都哲生

(8)関西地域におけるサイバーセキュリティ機運醸成

     一般財団法人関西情報センター 石橋裕基

(9)卒業研究の紹介

     近畿大学 福田洋治

(10)急展開するリモートワーク環境と押さえるべきセキュリティ要件

     チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社 卯城大士



PAGE TOP