サイバーセキュリティシンポジウム道後2017(SEC道後)

開催概要

目的
サイバーセキュリティ月間の行事として、全国のサイバーセキュリティ専門家が集い、最新情報の共有や意見交換を行うシンポジウムを開催することにより、我が国のセキュリティレベルの向上に寄与するとともに、サイバーセキュリティ人材の育成及び地域におけるサイバーセキュリティに対する気運の醸成に資することを目的とする。
主催
サイバーセキュリティシンポジウム道後 実行委員会
実行委員長 小林 真也(愛媛大学大学院教授)
副実行委員長 宮内 隆(愛媛CATV 代表取締役社長)
松田 和男(四国総合通信局 情報通信部長)
実行委員 愛媛大学、株式会社愛媛CATV、株式会社愛媛新聞社、西日本電信電話株式会社 愛媛支店、愛媛県、愛媛県警察本部、松山市、総務省四国総合通信局
顧問 田崎 三郎(愛媛大学・尾道市立大学 名誉教授)
辻井 重男(東京工業大学 名誉教授)
土居 範久(慶應義塾大学 名誉教授)
安田 浩(東京大学 名誉教授)
下村 正洋(日本ネットワークセキュリティ協会 理事・事務局長)
プログラム検討会 松田 和男(四国総合通信局 情報通信部長)
森井 昌克(神戸大学大学院 教授)
西本 逸郎(株式会社ラック 取締役CTO)
特別協力者 (現在調整中)
共催(順不同)
情報セキュリティ大学院大学、国立情報学研究所、一般社団法人情報処理学会四国支部、IEEE四国支部、総務省四国総合通信局、国立研究開発法人情報通信研究機構
協力(順不同)
ISACA東京支部、ISACA名古屋支部、ISACA大阪支部、ISACA福岡支部、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会、一般社団法人テレコムサービス協会四国支部、日本ケーブルテレビ連盟四国支部、NPO法人愛媛県IT推進協会
後援(順不同)
サイバーセキュリティ戦略本部、NPO法人ITコーディネータ協会、一般社団法人情報サービス産業協会、フィッシング対策協議会、NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会、四国情報通信協力会、愛媛県情報サービス産業協議会、愛媛県ネットワーク防犯連絡協議会、独立行政法人情報処理推進機構、経済産業省四国経済産業局
開催期間
2017年2月23日(木)・2月24日(金)
場所(会場)
メイン会場(メイン・サブプログラム):松山市立子規記念博物館
サテライト会場(メインプログラム)/意見交換会:ホテル椿舘本館
ナイトセッションテーマ (1)・(2):ホテル椿舘本館
ナイトセッションテーマ (3)・(4):大和屋本店
参加者
全国から400人程度(先着順)
参加費
1万円(子規記念博物館での講演会のみの参加は無料)

PAGE TOP